家庭菜園の農作物が育たない?もしかしたらその原因、“もぐら”かもしれません!

もぐら 対策

皆様こんにちは😊

本日の買物デパートは、
オールシーズン活動し、農業や家庭菜園に被害をもたらす
“もぐら”
に着目します。

農作物を食べてしまう動物たちの侵入経路を作り、

畑に甚大な被害をもたらす根本の原因となる“もぐら”

「しっかりと育てているはずなのに、何故だか農作物が育たない…🤔😅」

と感じている方✋
もしかしたら、その原因は“もぐら”かもしれません。

こちらの記事では
●もぐらの生態“生息地域や特性”
●もぐらが畑にもたらす被害
●もぐら対策方法

を順々にご説明していきます。

家庭の食卓を色鮮やかに、にぎやかにする彩り豊かな
・野菜
・果物
・穀物
・芋
・豆
さんたち。

しっかり守って、元気に育っていって貰いましょう😀

 

モグラの生態

よく、農業を営む家庭からは
「もぐらが作物を荒らす」
「モグラのせいで土が凸凹してしまった」
というような悲鳴が聞こえてきます。

“モグラ”と“農家”は切っても切れない関係。
昔から農作物をつくる人々にとって、もぐらは大敵だったのですね。

まずは家庭菜園など、農業を始めたばかりの方々は『もぐらの生態』について、
詳しく知識を身につけていきましょう。

 

愛らしいルックス

モグラのサイズは、約10cm~15cmほど。
今しがた定規で図った私の手のサイズは18cm(平均より大きめな方)
手の上にちょこんと乗っかることのできる、可愛いサイズなんです。

また、土の中を掘りながら生息をしているため足のサイズは体に対して少し大きめ。
(実は手に見える部分は足。顔の近くについている足は前足と呼ばれます)
土という暗闇の中での生活となるため、視力は弱く、光を感じられる程度と言われています。モグラは目が悪い動物としても有名ですね。

写真だけ見てみると、
「モグラって、目がないの?」
と思うほどですが、実際には小さいながらも目はしっかりとついています。

小さな目が瞑られている姿が、なんとも眠たげで愛らしく、癒し系の印象です。
手の平サイズの小動物系の小ささも、その愛らしいルックスを後押ししますね。

もぐらは眠らない

もぐらに冬眠はなく、オールシーズン(年中)土の中でエサを求めて動き回ります
というのも、実はモグラは見た目の小さな愛らしさに比べて非常に大漢(つまり、超大食い)
なので、エサを求めてずーっと動き回っているんです。

もぐらは日光に当たっても死なない

「もぐらは日に当たると死んでしまう」

実はコレ、都市伝説となります。
土の中で生息し、地中に出てくるイメージのないモグラですが、実は定期的に穴を掘り進めていくうちに増えた要らない土を排出するために出てきており、地上での生活も可能です。

こちらの迷信はおそらく、縄張り争いに負けて巣を追い出されたモグラが地上で餓死している姿をみて、このような都市伝説が生み出されたものと思われます。

もぐらは肉食系?しかも大食い!

モグラは肉食動物のため、主食はミミズなどの昆虫類となります。
さらにモグラは非常に大食いで、エサを求めて1年中動き回ります。
どのぐらい大食いかというと、12時間食べないだけで餓死してしまう、と言われるほど。
モグラの主食となるミミズは豊かな土壌を生成する益虫としても有名ですが、大食いのモグラをこのミミズをたっぷりと食べてしまいます。

動きが鈍くなる冬場は、麻酔成分が含まれた唾液を使ってミミズや幼虫をエサとして保管し、冬を凌いでいます。

もぐらは何処に巣をつくる?

もぐらは巣を土の中に作ります。しかもその巣の大きさは非常に大きく、寝室や水飲み場、食料保管庫、休息所などたくさんの部屋を土の中につくって居ます。この広大な巣を作るのに、植物の根っこを取ってしまい、農作物を弱らせてダメにしてしまいます。

もぐらの寿命

もぐらの寿命は5年程度と言われています。
しかし、非常に繊細な動物であり、自然界は弱肉強食であるため寿命はもう少し短くなる可能性があります。

 

以上、モグラの生態についてでした😊

モグラはその小さく、のんびりとした愛らしいルックスとは対照的に、1年中休まず動き回る、肉食系大食い動物であることが特徴となります。

肉食系ということで、直接穀物等を食べるわけではありません。

ならば、畑に対する被害はないのでは?

と思ってしまいますが、モグラはその特性上、農作物を育てるうえで害の根本的要因になりうる存在となります。

次章からは、何故モグラが畑に被害をもたらすか、を検証していきます!

 

もぐらが畑にもたらす被害

愛らしいルックスのモグラ。
最近はペットとしても着目を浴びており、その可愛さは折り紙つきです。
そんな可愛らしいモグラを見てしまうと

「直接的に作物に害をもたらすわけでないのなら、そのままにしてあげたい…」

ついついそう思ってしまいますよね。

ちょこっと土が盛り上がってるくらいなら…まぁ…。
私もそんな風に思っていましたが、農業や作物を育てていく上でやはりモグラが根本原因となり、農作物たちが育たないという事態が発生してしまうようです。

モグラ対策を放置してしまう前に!
まずはモグラが農作物へもたらすリスクをしっかりと確認しておきましょう。

 

リスク①良い土壌の形成を妨げてしまう!

モグラの主食はミミズなどの昆虫・幼虫類となります。
しかしこのミミズは、農作物が豊かに育つ良い土壌を作るうえで非常に重要な役割を担っている益虫となります。

昔から、
『ミミズのいる土は良い土』
と言われるようにミミズの尿などの排泄物には、土の栄養となる良いものが沢山ふくまれており、土壌改善効果があることが分かっています。

しかし、このミミズはモグラの大好物。しかも大食いのモグラは放っておくとこのミミズを食べつくしてしまうのです。

『土作り』という言葉があるように、土(土壌)は農業や家庭菜園にとって非常に重要な項目です。その土壌をそこにいるだけで勝手に良くしてくれるミミズは、良い土壌を作るための強力なサポーターとなります。
また、良い土であれば、ある程度放置していても作物は元気に育ってくれるため、ミミズを保護することで農業の手間を減らすこともできますよ。

モグラ対策を放置している方は
“モグラがいることによって、肥沃な大地を作るミミズが減少してしまう”
それによって、元気な作物が育たない可能性があるというリスクがあることを知って頂ければ幸いです。

リスク②作物の根っこが荒らされてしまう!

モグラの巣作りは土の中で行われます。
モグラの巣は非常に大きく、休憩部屋・食糧保管部屋・水飲み場など多くの部屋がトンネル(道路)で繋がれています。人間の部屋で考えると、3Kか4Kくらいはあるのでしょうか?羨ましいかぎりです!

…しかし、よく考えてみるとそれだけ広大な土をモグラが自由に行き来していることになります。モグラが行き来するときに目の前に障害となる作物の根っこがあったらどうしますか?モグラでも気付かないうちに、作物の根っこを往来のために荒らしてしまう可能性がありますよね。

作物にとって根の部分は栄養を吸収するための、栄養吸収口です。栄養を吸収できくなった作物は元気をなくし、しおれてしまいます。また、苗が倒されるなどの被害も生じると言われています。

このように、モグラを放置することでモグラの進行経路上にあった作物の根が荒らされてしまう、というリスクがあることを知って頂ければ幸いです。

リスク③モグラが掘った穴から他の害虫が侵入する!

モグラは肉食であり、直接的に作物を食べることはありません。
しかし、問題なのはモグラが掘った穴に、他の害獣が侵入し作物を食い荒らしてしまうことです。

他の害獣というのは、例えばネズミが代表的な例としてよくあげられますね。
ネズミは自分で穴を掘ることができないため、モグラが掘った穴から侵入して作物の根を食べてしまいます。ネズミは作物そのものだけでなく、作物の根っこも食べてしまうため、農業に甚大な被害をもたらすことになります。

また、モグラの行動範囲は広く、モグラの行動範囲が広ければ広いほど、それに伴いネズミの行動範囲も広くなるため、被害が深刻化する可能性があります。

“モグラが掘った穴からネズミが侵入し、作物を食べ散らかしてしまう”

モグラとネズミにはこのような関係があるため、畑のネズミ退治をしようと考えるときはモグラ退治も一緒に行うことが有効とされます。

ネズミ取りでいくらネズミ対策をしても被害が無くならない方は、モグラの掘った穴からネズミが侵入し悪さをしている可能性があります。

周囲にモグラの穴が無いか、などモグラの生息が確認できるかどうかを確認するようにしましょう。

 

もぐら対策方法

モグラ対策の民間療法には
・ペットボトルで風車を作る
⇒風車の振動を敵が近くにいると勘違いさせる

・唐辛子などのきつい匂いのするもので退治する

⇒モグラの嗅覚が非常に強いことを利用

・彼岸花を植える

⇒彼岸花は毒を持っており

などがよくあげられます。

しかし、モグラには学習能力があるため、徐々に効き目がなくなっていくこともあり、対策グッズを使って確実に退治することをおすすめします。

モグラ対策を講じたグッズは
モグラの嗅覚や聴覚が優れていることを利用した
●音

●匂い
にまつわるグッズが多く販売されています。

また、もう少し予算をかけて本格的にモグラ駆除を行うのであればモグラ対策を行う業者に依頼をする方法もあります。モグラ対策をプロに頼んでも15,000円程度の予算でできるため、かなり現実的な予算範囲となります。

このように例を挙げていくだけでも、いくつかのモグラ対策がありどれが良いのか迷ってしまいますね。
なので次からは、モグラの対策についてメリット・デメリットを確認しながらお話ししていきますよ~!

臭いで追い払う

モグラの優れた嗅覚を利用します。対策グッズとしては忌避剤がよく売られています。
地面に置くタイプ、巣穴に差し込むタイプ、噴射するタイプと様々な種類があります。

メリット:
もぐらに気付いた時にすぐ対策できる(身近な食材を使うこともできる)

デメリット:
もぐらの巣は広いため、モグラのいるところまで臭いが届かない可能性がある。忌避剤を沢山使わなくてはならない。

効果が一時的。ペットを飼っている場合、ペットが匂いを嫌がる可能性がある。

音で追い払う

モグラの優れた聴覚を利用します。ねずみの嫌がる音波を発生させる超音波式グッズが一般的です。
モグラは人の耳では聞くことのできない超音波を感知するため、こちらのグッズも超音波を使用します。そのため、人間に聞くことができない音=騒音被害にならないというメリットがあります。

メリット:
超音波を使うため、騒音トラブルにならない。

動植物に害がない(モグラの嫌いな音を発生させて、巣から遠ざけるだけ)
他の害獣にも効果がある(ネズミやヘビなど)

デメリット:
他のグッズに比べて初期投資費用が高価

土壌の構造によっては効果が効きにくい場所がある

捕獲機を使って捕獲する

捕獲機をつかったモグラの捕獲の仕組みは、基本的にネズミ取りなどほかの捕獲機と同じ仕組みとなります。モグラは一つの巣に一匹しか住み着かないため、捕獲できれば1つの巣の主を確実に捕獲し、被害を食い止めることができます。

メリット:
捕獲できれば、確実に被害を少なくすることが目にみえて実感できる

捕獲して、自然豊かな山に返すことができる(捕獲後、モグラを放す場所は生態系を壊さない山(外来種を持ちこまない)や海辺を避けるなどを考慮する必要がある)

デメリット:
モグラは絶滅危惧種でもあるため使用には許可が必要になる

プロの業者に依頼する

もぐらは土の中で生きているため、自分で対策を行ってもモグラ退治が上手くいったかどうかがいまいち分かりませんよね。また、もぐら対策にはモグラの巣の場所を特定することが一つ大きなキーワードとなります。
素人では見過ごしがちなモグラの巣も、業者に頼めば経験豊富なプロが確実にモグラを捕まえてくれます。捕まえたモグラをどうするかも業者の方に相談できるのも嬉しいポイントです。

メリット:
プロの目で確実にもぐらを退治してくれる。

モグラだけでなく、ネズミなどの他の害獣の退治もお願いできる。

デメリット:
価格が高い
業者によってサービス内容にばらつきがある

 

もぐら対策の比較表

以上、代表的なモグラ退治の5つの方法についてご説明してきました😊
表に簡単にまとめます。

方法 予算 メリット デメリット
臭い(忌避剤) 600円
~1,200円
気付いた時にすぐできる 臭いがきつすぎる
音(超音波) 5,000円
~13,000円
動植物の被害がない
他の害獣にも効果がある
値段が少々お高め
捕獲器 600円
~1,300円
確保した姿を確認できる 使用に許可が必要
業者 15,000円程度 プロに依頼できるので確実 値段が高い

 

おすすめのもぐら対策は?

それでは、こちらではおすすめのモグラ対策をご紹介していきます。
コスト重視派→臭い系対策
確実性重視派→プロの業者に依頼
自己対策派→音(超音波)系対策
の順でお話をしていきます😊

コストで考えるなら臭いで対策!

コストで考えるならモグラの優れた嗅覚を利用した臭い対策がおすすめとなります。
臭い対策のグッズとしては地面に置くタイプ、直接巣穴に差し込むタイプ、巣穴に噴射するスプレータイプがあります。中身は唐辛子の成分であるカプサイシンが凝縮されているものが多いようで、トウガラシでも代用可能です。唐辛子は普段の生活や食卓で使われているため、コスパは抜群ですね。
また、臭いの強いものであればモグラの嗅覚を刺激することができるため、タバコなどで代用することができます。

デメリットは、モグラの巣は非常に大きいため巣全体に臭いが届きにくいこと効果が約2ヶ月と短いことモグラには学習能力があるため、徐々に慣れてきてしまう可能性があること。となります。

しかし、コスパと自宅にあるものですぐに対策できるため、手軽なモグラ対策としては有効でしょう。しかし、根本的な対策を考える場合は他のグッズや方法を検討して頂くことをおすすめします。

お金がかかってもいいのならプロに依頼!

コスト面の考慮がいらない場合のおすすめプロの業者に依頼することとなります。
害獣駆除に特化したプロの業者は、確実に害獣の追い出しをしてくれるため安心感があります。モグラの駆除は15,000円程度のコストでできることが多く、害虫や害獣の駆除の中では比較的安価に依頼することができます
プロの業者に依頼することのデメリットはコスト面しかなく、
・害獣に汚された場所の消毒や清掃作業をして貰える
・害獣は法律で保護されているものも多く、殺傷できないものも多いが、プロに依頼すれば捕まえた後のアフターケアもお願いできる
害獣駆除の経験が豊富なため、モグラ退治を安心してお願いできる。確実に退治してくれる。
などのメリット面の方が多くなります。

特に、モグラは絶滅危惧種として法律で保護されており殺傷できないことから、モグラ退治後の処理を考えると15,000円程度のコストも高くはないと思います。

害獣駆除をプロに依頼される場合は
害獣駆除サービス王手で利用シェアNo.1の『害獣駆除110番』を運営するシェアリングテクノジー株式会社がおすすめです。

こちらの特徴は

東証上場企業が運営している抜群の安心感
●全国展開サービスのため、全国全国どこでも対応
●害獣を傷つけない『追い出し』で退治してくれる
●年中無休の24時間対応サービスで急な依頼でもしっかり対応
●15,800~の低価格!しかも追加料金は不要なので高額請求の悪徳商法の不安がない

となります。

大手企業ならではの安心感、しかも低価格で、全国どのエリアも24時間対応なので非常に使い勝手が良いですよ。

害獣対策大手、低価格、全国24時間対応のモグラ対策プロ業者はこちらから

とりあえず…なら音で対策!

プロに頼むほどでもないけれど、臭い対策は有効期間が短く定期交換が面倒。ということであれば超音波を使ったグッズがおすすめとなります。
捕獲器は、土の中にあるエサを食べて暮らしているモグラが、わざわざ外にでてきて外のエサを食べ、捕獲器に捕まる可能性が低いことから即効性を期待できないと考え音対策グッズを優先しました。

音対策グッズの基本は超音波を使ったモグラ退治となります。モグラは人間には聞き取れな超音波で音を聞き取るため、超音波といわれる音の振動を使いモグラの嫌いな超音波振動でモグラを巣から追い出します。

超音波式の対策グッズを購入する上で絶対に押えておいて欲しいポイントは、『超音波はコンクリートやガス管、水道管等の遮蔽物によって振動を阻害されてしまう可能性がある』ということです。つまり、微弱振動であればあるほど超音波が障害物に阻害され、モグラのいるところにまで届かない可能性があります。

この超音波振動の強さ、弱さが商品の価格に表れており、これによって値段差がハッキリと別れています。グッズ料金が5,000円~13,000円程度とふり幅があるのもこのためです。
例えば5,000円程の商品が有効範囲約30坪に対して、13,000円程の商品になると有効範囲は約300坪となります。価格差約2.5倍にして、有効範囲は約10倍もの差があるんです。それだけ振動音が強いということですね。
また、モグラの巣は非常に大きいので有効範囲の狭いものだと、もぐらの巣に出来るだけ近い場所に何個かグッズを配置する必要があります。

こんな事情もあり、本サイトの超音波式モグラ対策グッズのおすすめは値段の高価なものをご紹介させて頂きます。
もちろん有効範囲の広さだけで高価な商品をおすすめするわけではありません。ご紹介させて頂く『モグラン』という商品は、商品に対する補償内容が大変手厚く、安くで購入した商品と比べても費用対効果を十分に実感できる、と感じたためおすすめさせて頂きます。

音対策のおすすめは『モグラン』

それでは、費用対効果の高い『モグラン』の保障内容についてお話ししていきたいと思います。

全額キャッシュバック制度

モグランは毎月抽選で5名様に商品代金を全額キャッシュバックするキャンペーンを行っています。
応募は
●モグランを設置した場所の写真1枚
●モグランを使用した感想(500字)

モグラ取りというニッチな市場の商品なので、購入絶対母数も限りがありそうですし、応募数の関係上当選確率はどちらかというと高いのではないでしょうか?
もし当選すれば、無料で商品を使うことができ、とってもお得ですよね!

安心の返金保証

確実に効果があるかも分からない…。そこに1万円を投資するのは勇気がいりますよね。
モグランは返金保証があるため、効果がないと感じたら商品代金を返金して貰うことができます
5,000円程の商品を購入して、効果を感じられず他の商品を買い足したり、結局業者にお願いすることになる、というリスクを考えた場合、効果が感じられなかった場合に返金保証のあるモグランを購入する方が初期投資は高くても低リスクになる可能性があります。

安心の1年間品質保証制度

外に配置して使う製品であるからこそ気になるのが『商品の耐用性』ですよね。激しい雨や激しい風に乗ってやってきた障害物によっての傷など、様々なリスクが考えられます。特に雨が降る環境であることから、防水性や商品に水が入ってしまい故障した時の保障は皆さん気になるのではないでしょうか。
モグランでは1年間の品質保証が付くため、故障した商品を新品に取り換えて貰うことができます

「安かったからまあいいか🤔」

で安い商品を何度も購入し、トータルコストが同じくらいになってしまうのであれば、同額程度のコストで高くて性能の高い商品を購入した方がお得ですよね。

ちなみにモグランはソーラー電池式ではなく、単一電池式となります。こちらの電池は自分で用意する必要があり手間となりますが、ソーラー電池は外に配置した時に土などを被って機能しなくなる可能性があることから、当サイトではおすすめしません
電池交換は半年に1度程度で十分なため、コストもそこまでかかりません。

以上の理由から、音波式グッズは『モグラン』がおすすめとなりますよ~!

保証内容充実・有効範囲300坪の『モグラン』詳細はこちらから

美味しい作物で家庭や社会に彩を!♪

関連記事

  1. クローゼットにいれっぱなしはモッタイナイ!価値が低くなる前にリサイクルネットで高価買取してもらおう!…

  2. 家事代行の値段が高い!とお困りの方は、業界最安値水準1,500円から依頼できる『タスカジ』がおすすめ…

  3. 気になるワキ汗。そこからくるツーンとした臭いも、雨の日も怖くない!効果の高いデオドラントはこちら♪

  4. もしかしてアトピー?赤ちゃんの皮膚トラブルやアレルギー、予防や対策は何をすればいいの?!

  5. ポケットWi-Fiにちょっとストップ!翻訳機能付きルーターのPerico(ペリコ)で語学学習と快適ネ…

PAGE TOP